東京から公共交通機関で行く冬の観光情報サイト

>

温泉好きの方にこそウィンタースポーツ

温泉やお食事も楽しめるゲレンデ

湯沢パークリゾートは東京、上野、新宿方面から大宮駅経由、上越新幹線で「越後湯沢駅」下車、無料シャトルバスを利用してお手頃に行くことができます。
初心者から上級者まで幅広く利用できるゲレンデ条件に、米処、酒処、温泉処にホテルもあり、と、誰もが満足すること間違いなしです。
日帰りもありですが、泊まらないのはもったいなさすぎるスポットです。

軽井沢プリンスホテルスキー場は北陸新幹線「軽井沢駅南口」からタクシーで1分、もしくは無料シャトルバスの利用、徒歩では10分で行けます。
思ったよりもずっと近い、憧れの軽井沢の銀世界を楽しみませんか?
軽井沢プリンスホテルほか、近隣にはお食事や温泉を楽しめる旅館やペンションも多数あります。
ご当地名産の蕎麦、野沢菜漬けやリンゴはおみやげにももってこいです。

思い切って東北へ出かけよう!

猪苗代スキー場には東北新幹線「郡山駅」からJR磐越西線「猪苗代駅」下車、無料シャトルバスで行けます。
世界大会や国体をはじめとした重要大会を開催したこともあり、多くのスキーヤーから慕われるメッカ的存在のゲレンデです。
磐梯山にあるゲレンデの上の方からは猪苗代湖を一望できます。
周辺にはスキーヤー向けのホテル、旅館、ペンションが多数あります。
国際ビール大賞を毎年受賞している「猪苗代地ビール」はおみやげにもどうぞ。

蔵王温泉スキー場には東北新幹線「仙台駅」下車、高速バス約90分で行けます。
少し足をのばして出かけたご褒美に、ゲレンデでは樹氷を見ることができます。
東北の緩やかな太陽の光を浴びた樹氷は、昼間に見ることのできる自然のイルミネーションです。
夜は樹氷をライトアップして楽しませてくれます。
もちろん山形県は米処、酒処、温泉処です。
宿泊にもおみやげにも困ることはありません。


この記事をシェアする